next exhibition
upcomig
archive
SNS
  • ブラックFacebookのアイコン
  • ブラックTwitterのアイコン
  • ブラックInstagramのアイコン
tags

Ryo Kitamura - etude - in Osaka 巡回展のお知らせ!!

北村諒写真展 - etude - In Osaka Photographed by 森山将人 開催日時: 2017/11/29(Wed.) - 12/4(Mon.) 12:00 - 20:00(入場無料/無休) ※11/29 17:00 - 20:00 ※11/30-12/3 12:00 - 20:00 ※12/4     12:00 - 18:00 主催・企画:tokyoarts gallery お問い合わせ:tel. 03-6247-6665 mail. info@tokyoarts.com 会場:Galleryうえまち 大阪府大阪市天王寺区東高津町5­-16 東広ビル1F www.gallery-uemachi.com 制作協力:ピクトリコ工房 tokyoarts galleryにて、今年8月に開催致しました『北村諒写真展etude』ですが、 この度、大阪にて未発表作品を加えた巡回展を開催する運びとなりました。撮影は数々のポートレート を手掛けてきた写真家 森山将人。この写真展の為に撮影した作品の数々。他のメディアでは 決して見ることのできない、北村諒の新たな魅力を本展で是非ご高覧ください。 ※未発表作品を数多く展示いたします。 ※会場にて展示作品を販売(枚数限定)いたします。 ※大阪展限定パンフレットの販売予定(¥2,000)。 Profile 北村諒 1991年1月25日生まれ。 東京都出身。ファッションモデルとしてデビューし、以降、俳優 として数多くの舞台作品に出演している。主な作品に、舞台『弱虫ペダル』シリ

酒井崇 展【11/17 (Fri.) ~ 11/26 (Sun.) 】

酒井崇 展 2017 11/17 (Fri.) - 11/26 (Sun.) OPEN 12:00 - 20:00 (Last Day - 18:00) CLOSED 11/20 (Mon.) Opening Reception 11/18(Sat.) 18:00 - 20:00 この度、tokyoarts gallery にて酒井崇展を開催いたします。酒井はその表現にボ ールペンを使⽤する。絵筆に⽐べはるかにシャープな表現が出来るボールペンは書き 損じが出来ない。この事が画⾯の緊張感をうみ、線を引く⾏為に没頭する彼の記憶の 奥底に仕舞われていた嗜好や美意識を呼び出すのであろうか。 ドローイング表現は、より純粋に手の動きを画面に定着させます。 私はひと箇所に何重にも線を引き、重ねます。手を動かす、何かを描くという意識的行為の執拗な集積によって、深淵な無意識を浮かび上がらせます。これは己を刻みつける意思から、己を消す無心への道程とも言えます。女性、花、茶碗、森、強固な器(モチーフ)を借りて描かれる私の絵は、私というひとつの眼、ひとつの宇宙が存在すること の記録であり、同時に、遍く人へと通ずる源泉を掘りあて、より純粋に抽出するための密やかな遊びでもあります。 酒井崇 1978 ⻑野県飯⽥市⽣まれ 埼⽟県春⽇部市在住 2003 多摩美術⼤学美術学部絵画学科油画専攻卒業 2009 (~10,12,16)「酒井崇ボールペン画展」GALLERY b.TOKYO(京橋・東京)    「第14 回 新⽣展」⼊選 2010 ⾦澤毅企画「ドローイングとは何か」ギャル

〒150-0011 東京都渋谷区東2-23-8

03-6427-6665 / info@tokyoarts.com
12:00-20:00 / 月曜日休廊
 (展示により異なります)